群馬県立土屋文明記念文学館の

企画展「わらう!太宰治」を見に行ってきました。

当時、太宰治が群馬県内の温泉に静養に来ていたこと、

その作品に「渋川駅」等が登場していることなど

本県との関わりが意外とあったことが分かり興味深かったです。

新しく発見された全集未収録の資料もファンには必見です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です